• ホーム
  • プリリジーで早漏を改善することができる

プリリジーで早漏を改善することができる

2019年11月11日
心配している男性

プリリジーは、ダポキセチンを主成分とする世界初の内服するタイプの早漏治療薬です。ダポキセチンは抗うつ剤に用いられる成分で、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。本来は、うつ病などの精神疾患の改善のために開発されていましたが、服用した患者の射精時間の延長が確認されたことから、早漏治療薬として使用されるようになりました。

プリリジーは、ホルモンの一種であるセロトニンの濃度を高める効果がある医薬品です。早漏の方は、性行為中に何らかの原因でノルアドレナリンというホルモンが過剰分泌されます。ノルアドレナリンは、興奮や緊張を高める性質があるため、過剰分泌されると興奮状態をコントロールできずに、意図しないタイミングで射精してしまいます。そのため、早漏を改善するためには、ノルアドレナリンの過剰分泌を防ぐ必要がありますが、その働きを持つのがセロトニンです。つまり、プリリジーを服用すると、セロトニンの濃度が高まることでノルアドレナリンの過剰分泌を抑制できるため、射精までの時間が延長されるという仕組みです。

プリリジーの使用方法としては、1日当たり60mgまでの服用で、60mg服用した場合は次回の使用までに24時間以上間隔を空ける必要があります。効果は3~5時間程度持続し、射精時間を最大で3~4倍延長させる効果が期待できます。服用するタイミングは、効果が現れるまで1時間程度かかるため、性行為の1~2時間前に服用すると良いでしょう。なお、プリリジーは食事の影響を受けにくいため、食事の前後問わずに好きなタイミングで服用可能です。また、プリリジーは継続的に服用し続けると、効果が現れやすくなると言われています。実際に、初めて服用したときよりも、継続して服用した方が射精時間が延長されたという臨床実験の結果も存在します。

プリリジーを服用する際は、服用時の効果だけでなく副作用にも注意が必要です。主な症状としては、頭痛やめまい、吐き気、下痢などが挙げられます。比較的軽い症状ばかりで、薬の効果が切れるとともに副作用も治まると言われていますが、あくまで使用方法を守ることが前提です。仮に、時間が経過しても症状が治まらない場合や、症状が悪化した場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

プリリジーは世界60カ国以上で認可されているものの、日本では未認可となっているため、入手するためには専門クリニックを受診するか、個人輸入を代行してくれる通販サイトで購入するしか方法はありません。個人輸入する場合はリーズナブルな価格で購入できますが、偽造品も多く出回っているため、信頼できる通販サイトで購入しましょう。

関連記事
スーパーPフォースはプリリジーと同じ早漏改善治療薬

スーパーPフォースとは、早漏改善薬であるプリリジーとED治療薬であるバイアグラの成分を組み合わせることで、早漏とEDそれぞれの症状改善に効果的なジェネリック医薬品です。1錠当たり160mgで、プリシジーの主成分であるダポキセチンが60mg、バイアグラの主成分であるシルデナフィルが100mg含まれてい

2019年12月18日
自慰をゆっくりにやることは早漏改善に効果がある

早漏の原因は大きく、精神的な要因と肉体的な要因の2つに分類可能です。精神的な要因としては、性的刺激に対する過剰興奮や、日常生活でのストレス、生活リズムの乱れなどが挙げられますが、その中のひとつに条件反射による早漏というタイプが存在します。これは、勃起状態で男性器に刺激を与えると、脳が早く射精しなけれ

2020年01月23日
加齢による早漏を改善する方法「PC筋トレーニング」

年齢を重なるごとに射精までの時間が短くなったという方は、加齢による衰弱性早漏の可能性があります。衰弱性早漏は、射精を抑える働きをする下半身周辺の筋肉が衰えることで引き起こされるタイプの早漏です。主に加齢が原因であることが多いですが、筋肉の衰えは運動不足が原因でも起こるため、比較的若い年代の方でも衰弱

2020年01月03日
プリリジーのジェネリック医薬品「ポゼット」で改善するのもあり

ポゼットは、射精までの時間が最大で3~4倍延びる効果が期待できると定評のプリリジーのジェネリック医薬品です。プリリジーはダポキセチンを主成分としており、脳内のセロトニン濃度を高く保つことで、早漏の原因となるノルアドレナリンの過剰分泌を抑制する効果があります。ジェネリック医薬品であるポゼットもダポキセ

2019年11月28日
早漏だったらやっぱり治したほうが良い?

一般に早漏と言うと、性行為中の射精時間が短かい状態のことを指すことが多いですが、2008年の米国泌尿器科学会において早漏の定義が定められています。この学会での定義は、性行為において膣内への挿入前または挿入後1分以内に射精してしまう、膣内への挿入後に自分の意志で射精をコントロールできない、射精時間が短

2019年10月28日