• ホーム
  • 自慰をゆっくりにやることは早漏改善に効果がある

自慰をゆっくりにやることは早漏改善に効果がある

2020年01月23日

早漏の原因は大きく、精神的な要因と肉体的な要因の2つに分類可能です。精神的な要因としては、性的刺激に対する過剰興奮や、日常生活でのストレス、生活リズムの乱れなどが挙げられますが、その中のひとつに条件反射による早漏というタイプが存在します。これは、勃起状態で男性器に刺激を与えると、脳が早く射精しなければならないという条件反射が刷り込まれているために起こるタイプの早漏です。

条件反射タイプの早漏の方は、習慣的に自慰を早く済ませてしまう傾向にあります。自慰を始めたのは恐らく中学生頃の方が多いかと思いますが、その頃は家族と一緒に住んでいて、完全に1人になれる時間は限られていたのではないでしょうか。そのような環境で自慰をゆっくりしていては、家族に見つかる恐れがあるため、できるだけ早く済ませてしまおうという意識が働きます。このような状況を若いころから頻繁に経験すると、短時間での自慰に慣れてしまい、脳には男性器に刺激が与えられたら早く射精しなければいけないという条件反射がインプットされてしまいます。一度インプットされた条件反射を取り除くことは非常に困難です。そのため、性行為中に男性器に刺激が与えられた時点で、脳では早く射精しなければいけないという条件反射が働くため、意図しないタイミングでの射精につながります。

条件反射タイプの早漏を改善するには、射精感をコントロールする対策が必要です。まずは、短時間での自慰を止めるように心がけることから始め、日頃の自慰をゆっくり行うように意識しましょう。男性器に意識を集中しすぎると性的興奮も高まるため、ゆっくり快感を蓄積させていくという感覚をつかむことがポイントです。自慰をゆっくり行うことに慣れると、射精感の高まりを徐々にコントロールできるようになります。

また、スタートストップ法というトレーニングも有効です。これは、自慰の際に射精しそうになったら、一度刺激を中断して射精感の治まりを待ち、射精感が治まったら刺激を開始するという早漏改善トレーニングです。非常に有名なトレーニング方法ですが、1回の自慰で何回も行わずに2~3回程度にとどめましょう。過度にやりすぎると、精液が逆流することで膀胱炎になるリスクがあります。また、無理な我慢も同様のリスクがあるため、どうしても我慢できない場合は無理をせずに射精しましょう。効果が実感できるまでには、ある程度の期間が必要なので、焦らずにじっくり行うことが重要です。

関連記事
早漏を改善するマッサージ法、足つぼマッサージ

足には、体の各部位とつながるつぼが数多く存在します。つぼを刺激すると、つぼとつながった部位の働きを活発にできるため、自律神経やホルモンのバランスを整えたり、血行を良くするといった効果が期待できます。そのため、足つぼマッサージは健康増進に効果的と言われますが、数多い足つぼの中には早漏改善に効果があると

2020年04月23日
早漏に効く成分「トリプトファン」の効果とは

早漏の原因には様々ありますが、そのひとつにセロトニン不足が挙げられます。セロトニンは、早漏の原因となるノルアドレナリンの過剰分泌を抑制する働きがあるホルモンで、脳内の濃度を高めることで早漏改善につながります。セロトニン量を増やすには、プリリジーなどの早漏改善薬が効果的ですが、これは一度分泌されたセロ

2020年03月18日
スーパーPフォースはプリリジーと同じ早漏改善治療薬

スーパーPフォースとは、早漏改善薬であるプリリジーとED治療薬であるバイアグラの成分を組み合わせることで、早漏とEDそれぞれの症状改善に効果的なジェネリック医薬品です。1錠当たり160mgで、プリシジーの主成分であるダポキセチンが60mg、バイアグラの主成分であるシルデナフィルが100mg含まれてい

2019年12月18日
早漏の原因の一つは亀頭が刺激慣れていないから

早漏の原因は大きく精神的要因と肉体的要因に分けられますが、肉体的要因のひとつに過敏性早漏というタイプが存在します。過敏性早漏とは、男性器が刺激に対して敏感過ぎるために、性行為中に少しの刺激を与えただけで射精してしまうタイプの早漏です。主に仮性包茎の方に多いタイプ、男性器の中で最も敏感な亀頭が外部刺激

2020年02月20日
加齢による早漏を改善する方法「PC筋トレーニング」

年齢を重なるごとに射精までの時間が短くなったという方は、加齢による衰弱性早漏の可能性があります。衰弱性早漏は、射精を抑える働きをする下半身周辺の筋肉が衰えることで引き起こされるタイプの早漏です。主に加齢が原因であることが多いですが、筋肉の衰えは運動不足が原因でも起こるため、比較的若い年代の方でも衰弱

2020年01月03日
プリリジーのジェネリック医薬品「ポゼット」で改善するのもあり

ポゼットは、射精までの時間が最大で3~4倍延びる効果が期待できると定評のプリリジーのジェネリック医薬品です。プリリジーはダポキセチンを主成分としており、脳内のセロトニン濃度を高く保つことで、早漏の原因となるノルアドレナリンの過剰分泌を抑制する効果があります。ジェネリック医薬品であるポゼットもダポキセ

2019年11月28日
プリリジーで早漏を改善することができる

プリリジーは、ダポキセチンを主成分とする世界初の内服するタイプの早漏治療薬です。ダポキセチンは抗うつ剤に用いられる成分で、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。本来は、うつ病などの精神疾患の改善のために開発されていましたが、服用した患者の射精時間の延長が確認されたことから、早漏治療薬

2019年11月11日
早漏だったらやっぱり治したほうが良い?

一般に早漏と言うと、性行為中の射精時間が短かい状態のことを指すことが多いですが、2008年の米国泌尿器科学会において早漏の定義が定められています。この学会での定義は、性行為において膣内への挿入前または挿入後1分以内に射精してしまう、膣内への挿入後に自分の意志で射精をコントロールできない、射精時間が短

2019年10月28日